遺留分について - 遺留分侵害額請求をしたい・された

1 遺留分が問題になる場面

遺留分とは、相続人が遺産から確保できる最低限の割合です。

「私以外の相続人の一人が、父の遺産を見せてくれず、独り占めしている。私には遺留分があるはずなので、遺留分の請求をしたい」とのご相談をお受けすることがよくあります。しかし、これは正確ではありません。この場合、ご相談者様が他の相続人に対して求めるべきは遺産分割協議であり、遺留分の請求ではありません。
 では、実際に、遺留分が問題になるのは、どういう場合でしょうか。典型的には、次のご相談事例のとおりです。

「父の遺言が見つかった。しかし、私がもらえる遺産はない、との内容だった」

「母の遺言が見つかった。母は、ほとんどの遺産を私以外のきょうだいに分け与えると書いており、私がもらえる遺産は、ごく限られたものだった」

このように、遺留分を請求するか否かを考える必要が出てくる典型的な場面は、遺言があるときです。遺言によると、上で述べました「最低限の割合」を確保できていないと考える相続人は、遺産をたくさんもらったと考える者に対し、自身の「最低限の割合」が侵害されたとして、遺留分を請求することができます(遺留分侵害額請求と言います。)。
 他方で、これとは反対に、遺言によりたくさんの遺産をもらった者は、他の相続人から遺留分の請求を受ける可能性があります。
 なお、遺留分は、相続人のうち、被相続人の兄弟姉妹には認められていませんので、注意が必要です。

2 ご相談いただく内容、タイミング

遺留分を請求したい方も、遺留分の請求を受けるかもしれない方も、気になるのは、

  • 請求額がいくらになるか
  • どのようにして請求するか、請求してくるのか

ということだと思います。
 以下では、分かりやすくするため、簡略化した事例を用いて、ご説明します。

《ケース》

亡父の遺産の合計は3000万円。
 相続人は、亡父の子であるAと、Aの弟であるBの二人(法定相続分は2分の1ずつ)。
 亡父の遺言によりBが全てを相続したところ、Aには4分の1の遺留分があるため、遺留分侵害額の請求調停を申し立てた。しかし、調停は不成立となった。
 そこで、Aは、遺留分侵害額請求訴訟を提起した。結果として、Aは、Bから750万円を取得できた。

(1)請求額がいくらになるか

遺留分侵害額の算定には、相続人、遺産、遺言の内容を正確に把握することはもちろんのこと、他にも様々な要素の考慮が必要です。上記ケースでは、単純な事案を取り上げていますが、実際には、検討しなければならないことが多くあります。
 当事務所の弁護士までご相談いただければ、事案を丁寧にお聞きし、法的に妥当な請求額を算出させていただきます。

(2)どのようにして請求するか、請求してくるのか

上記ケースでは、調停や訴訟などの手段が取られていますが、方法はこれに限りません。調停や訴訟などの裁判所を利用する手続きのほかに、相手と交渉するという、よりマイルドな方法なども考えられます。これは、遺留分の請求を受ける側でも同様であり、交渉で解決することを目指すというのも一つの手です。
 なお、方法の選択のほかに一点ご留意いただきたいのは、遺留分の請求には期限があることです。法律上、まずは「相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間」とされており、時間的な余裕はあまりありません。
 請求方法、請求を受けたときの対応方法につきましても、当事務所の弁護士まで、ぜひご相談いただきたく思います。請求期限を意識しつつ、迅速な対応を心がけています。

3 遺留分に関するご相談は当事務所まで

遺言により遺産の受け取り分に疑問が生じた場合など、まずは、お気軽にご相談ください。
 弁護士がしっかりお話をお聞きし、適切な解決に向けてサポートさせていただきます。

相続人調査・財産調査サービス実施中
相続に注力されている税理士の先生方へ
まずはお気軽にお電話ください
まずはお気軽お電話
ください
0742-81-3323
【電話受付時間】
平日9:00~17:00
お問い合わせフォーム 24時間受付

事務所案内

ナラハ奈良法律事務所外観(泉谷ビル) 弁護士法人 ナラハ奈良法律事務所
〒631-0822 奈良市西大寺栄町3-27 泉谷ビル1階
TEL 0742-81-3323
FAX 0742-81-3324

サイト内検索

 

当事務所の関連サイト

  • 離婚相談
  • 企業法務相談
  • 医療事件
  • 交通事故

ご利用方法

相談のご予約

まずは、お電話で法律相談のご予約をお取り下さい。

ご相談予約電話番号 
0742-81-3323

相談に関するご希望等(相談時間、担当弁護士等)がございましたら、ご予約の際にお伝え下さい。

なお、弁護士が相手方から既に相談を受けている場合や、その他相談に応じることに支障がある場合には、相談をお断りする場合があります。

弁護士による法律相談

予約された日時に、当事務所へお越し下さい(電話やメールによる相談は行っておりません)。

弁護士が相談に応じます。

弁護士には守秘義務がありますので、秘密は固く守ります。

相談の結果、弁護士に依頼されるかどうかは、相談者の皆様の自由です。当事務所から、相談者の皆様の意に沿わない勧誘を行うことはありません。

ご依頼

相談の結果、弁護士に依頼されることを希望される場合には、その旨ご連絡下さい。受任させていただく場合には、ご要望に応じ、見積書を作成いたします。その後、内容をご検討の上、ご依頼されるかどうかお決め下さい。

ご利用方法の詳細はこちらから

住所

〒631-0822 奈良市西大寺栄町3-27 泉谷ビル1階
TEL 0742-81-3323 
FAX 0742-81-3324

電車

近鉄「大和西大寺駅」の中央改札口を出て、左方向(「サンワシティ西大寺」、「ならファミリー」のある方向)へ地上まで降ります。
「サンワシティ西大寺」の前の道を東に直進し、一つ目の信号のある「西大寺橋西詰」交差点を右折します。
そのまま川沿いに100メートルほど直進すると、右手に「泉谷ビル」があります。
その1階にナラハ奈良法律事務所があります。

自動車

  1. 〔近鉄奈良駅、JR奈良駅方面からお越しの場合〕
    近鉄「大和西大寺駅」、「ならファミリー」を目指して、県道104号線を西に進みます。
    信号のある「西大寺橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに100メートルほど直進した先の右手に「泉谷ビル」があります。
  2. 〔大阪方面からお越しの場合〕
    阪奈道路を東へ直進します。
    信号のある「尼ヶ辻橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに1キロメートルほど進み、高架をくぐったすぐ先の左手に「泉谷ビル」があります。
  3. 〔精華町、木津川市、京田辺市方面からお越しの場合〕
    近鉄「大和西大寺駅」、「ならファミリー」を目指して、県道52号線を南に進みます。
    信号のある「西大寺橋東詰」交差点を右折し、すぐに、信号のある「西大寺橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに100メートルほど直進した先の右手に「泉谷ビル」があります。

【駐車場(1台)ご利用方法】
要予約   0742-81-3323
1.あらかじめ、ご来所される日時において、駐車場のご利用の可否を、弊事務所までお問い合わせください。
既に他の方がご利用の際は、近隣のコインパーキング等をご利用くださいますよう、お願いいたします。
2.事務所の入っておりますビルの正面入り口前までお越しになられましたら、電話でご到着の旨、ご連絡ください。
正面入り口前
3.事務所の者が、駐車場のチェーンを下げるよう、リモコン操作をいたします。
正面入り口前
4.駐車場番号『4番』(左奥から2番目)にお停めください。
左奥から2番目です4番

※その他のスペースには駐車されませんよう、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。

Copyright(c) NARAHA legal profession corporation. All Rights Reserved.