遺言の種類

遺言の方式は、普通の方式と特別の方式があり、普通の方式は、「自筆証書」「公正証書」「秘密証書」の三種類とされています。

(1)自筆証書遺言

ア 自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは、遺言者が、その全文、日付け及び氏名を自書し、これに印を押したものをいいます。

相続法の改正により、平成31年1月13日以降に作成されるものについては、自筆証書にこれと一体とのものとして相続財産の全部又は一部の目録を添付する場合には、その目録については、自書でなくとも良いことになりました。パソコン等による作成、代筆、不動産の登記事項証明書、預貯金通帳の写し等を添付する方法でも良いとされています。この場合でも、その目録の毎葉に署名し、印を押す必要があります。

自筆証書遺言の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じないとされています。

イ メリット・デメリット

自筆証書遺言は、費用がかからず、自分で作成できる点がメリットです。他方で、法律的な不備があれば無効となる可能性があること、相続人による家庭裁判所での検認手続が必要となること(但し、2020年7月10日から新設される法務局における自筆証書遺言の保管制度を利用した場合は不要)、遺言書を発見した者による破棄、隠匿、改ざんのリスクなどがあることは、デメリットといえるでしょう。

(2)公正証書遺言

ア 公正証書遺言とは

公正証書遺言は、遺言者が、遺言の趣旨を口頭で述べ、これを公証人が公正証書として作成するものをいいます。

公正証書の方式は、

  1. 証人二人以上の立会があること。
  2. 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。
  3. 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。
  4. 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを証人した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。
  5. 公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。

とされています。

イ メリット・デメリット

公正証書遺言は、法律的に適式に作成できること、相続人による家庭裁判所での検認手続が不要なこと、原本が公証役場に保管され破棄、隠匿、改ざんのリスクがないこと、自書が困難でも作成できることなどがメリットです。他方で、公証役場の費用がかかることが、デメリットです。

(3)秘密証書遺言

ア 秘密証書遺言とは

秘密証書遺言は、遺言書の本文は自筆でなくても良いが、その証書に署名、押印し、その証書を封じ、証書に用いた印をもってこれを封印し、その上で、遺言者が公証人に提出し、公証人がその存在を公正証書作成手続で公証したものです。

秘密証書遺言の方式は、

  1. 遺言者が、その証書に署名し、印を押すこと。
  2. 遺言者が、その証書を封じ、証書に用いた印章をもってこれを封印すること。
  3. 遺言者が、公証人一人及び証人二人以上の前に封書を提出して、自己の遺言書である旨並びにその筆者の使命及び住所を申述すること。
  4. 公証人が、その証書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者及び証人とともにこれに署名し、印を押すこと。

とされています。

イ メリット・デメリット

遺言書が本人のものであることが明確にできること、遺言の内容を秘密にできること、破棄、隠匿、改ざんのリスクが小さいことがメリットです。他方、法律的な不備があれば無効となる可能性があること、相続人による家庭裁判所での検認手続が必要となること(但し、2020年7月10日から新設される法務局における自筆証書遺言の保管制度を利用した場合は不要)、公証役場の費用がかかることが、デメリットといえるでしょう。

相続人調査・財産調査サービス実施中
相続に注力されている税理士の先生方へ
まずはお気軽にお電話ください
まずはお気軽お電話
ください
0742-81-3323
【電話受付時間】
平日9:00~17:00
お問い合わせフォーム 24時間受付

事務所案内

ナラハ奈良法律事務所外観(泉谷ビル) 弁護士法人 ナラハ奈良法律事務所
〒631-0822 奈良市西大寺栄町3-27 泉谷ビル1階
TEL 0742-81-3323
FAX 0742-81-3324

サイト内検索

 

当事務所の関連サイト

  • 離婚相談
  • 企業法務相談
  • 医療事件
  • 交通事故

ご利用方法

相談のご予約

まずは、お電話で法律相談のご予約をお取り下さい。

ご相談予約電話番号 
0742-81-3323

相談に関するご希望等(相談時間、担当弁護士等)がございましたら、ご予約の際にお伝え下さい。

なお、弁護士が相手方から既に相談を受けている場合や、その他相談に応じることに支障がある場合には、相談をお断りする場合があります。

弁護士による法律相談

予約された日時に、当事務所へお越し下さい(電話やメールによる相談は行っておりません)。

弁護士が相談に応じます。

弁護士には守秘義務がありますので、秘密は固く守ります。

相談の結果、弁護士に依頼されるかどうかは、相談者の皆様の自由です。当事務所から、相談者の皆様の意に沿わない勧誘を行うことはありません。

ご依頼

相談の結果、弁護士に依頼されることを希望される場合には、その旨ご連絡下さい。受任させていただく場合には、ご要望に応じ、見積書を作成いたします。その後、内容をご検討の上、ご依頼されるかどうかお決め下さい。

ご利用方法の詳細はこちらから

住所

〒631-0822 奈良市西大寺栄町3-27 泉谷ビル1階
TEL 0742-81-3323 
FAX 0742-81-3324

電車

近鉄「大和西大寺駅」の中央改札口を出て、左方向(「サンワシティ西大寺」、「ならファミリー」のある方向)へ地上まで降ります。
「サンワシティ西大寺」の前の道を東に直進し、一つ目の信号のある「西大寺橋西詰」交差点を右折します。
そのまま川沿いに100メートルほど直進すると、右手に「泉谷ビル」があります。
その1階にナラハ奈良法律事務所があります。

自動車

  1. 〔近鉄奈良駅、JR奈良駅方面からお越しの場合〕
    近鉄「大和西大寺駅」、「ならファミリー」を目指して、県道104号線を西に進みます。
    信号のある「西大寺橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに100メートルほど直進した先の右手に「泉谷ビル」があります。
  2. 〔大阪方面からお越しの場合〕
    阪奈道路を東へ直進します。
    信号のある「尼ヶ辻橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに1キロメートルほど進み、高架をくぐったすぐ先の左手に「泉谷ビル」があります。
  3. 〔精華町、木津川市、京田辺市方面からお越しの場合〕
    近鉄「大和西大寺駅」、「ならファミリー」を目指して、県道52号線を南に進みます。
    信号のある「西大寺橋東詰」交差点を右折し、すぐに、信号のある「西大寺橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに100メートルほど直進した先の右手に「泉谷ビル」があります。

【駐車場(1台)ご利用方法】
要予約   0742-81-3323
1.あらかじめ、ご来所される日時において、駐車場のご利用の可否を、弊事務所までお問い合わせください。
既に他の方がご利用の際は、近隣のコインパーキング等をご利用くださいますよう、お願いいたします。
2.事務所の入っておりますビルの正面入り口前までお越しになられましたら、電話でご到着の旨、ご連絡ください。
正面入り口前
3.事務所の者が、駐車場のチェーンを下げるよう、リモコン操作をいたします。
正面入り口前
4.駐車場番号『4番』(左奥から2番目)にお停めください。
左奥から2番目です4番

※その他のスペースには駐車されませんよう、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。

Copyright(c) NARAHA legal profession corporation. All Rights Reserved.